ひとを最小単位に社会問題を解決に導く Lead to social issues-solving for each person.ひとを最小単位に社会問題を解決に導く Lead to social issues-solving for each person.

Abit Corporation

ひとを最小単位に社会問題を解決に導く

就農人口は減少し、高齢化は加速。
若者の就農は増えているが経験知が決定的に不足。
日本の食料自給率は、先進国最低レベルであり、
今もなお、減り続けている。

平均寿命と健康寿命の差は広がり、
生活に制限のある期間は長期化の一途をたどる。
また、医師・看護師の数が高齢者の増加ペースに
追い付いておらず、医療スタッフは慢性的に不足。

売れ残りや期限切れ、食べ残し、規格外等で、
大量の食料が廃棄。
日本のフードロスは、世界の食料援助の約2倍に。

本質的な働き方改革は遅々として進まず、
ホワイトカラーの労働生産性は低下の一途。
労働者の疲弊と、さらなる企業の競争力低下を招く。

私たちは、いま、
試されているのではないだろうか

Mission

経済発展が環境問題を足跡に残すように
経済活動と社会的課題は
トレードオフの関係だ。
だが私たちAbitは、
そのどちらが欠けることも許さない。

私たちは、
現代にはびこるさまざまな社会問題を、
先端技術を用いて、
解決したいと願っている。

そしてそれは、
社会を構成する誰一人をも
度外視したものであってはならない。

情報の最小単位は「bit」。
未来都市の最小構成単位はきっと
「ひと」であるべきだ。
活性化された地域社会を再構成し
誰一人として、
決して取り残さない未来社会を。

Business

先端技術を活用し、
社会的課題を
抜本的に解決する。

少子高齢化による人口減少を起因とする衣食住の社会問題に対し、IoTやAIなどのICTを活用して生産性を向上させ、地域を再生・活性化。地域社会のサスティナブルな成長に貢献し、一人ひとりが利便や安心を享受できる未来を実現します。

提供サービス提供サービス

  • 労働生産性の向上

    ナレッジの共有やプロセスの再構築を促し、非効率的な作業のスリム化と、高付加価値業務への注力により労働生産性を高めます。KnowledgeMarket®やNintexといったツールで労働システムを変革するだけでなく、RPAによって業務を代替することも可能です。

  • ノウハウの継承

    IoTで収集した様々な情報をAIで解析し、ユーザに提供することでスキル・ナレッジの流動化を促進。たとえば農業分野では、IoTで共有した生産情報などをAIが解析し、経験知の低い若い就農家をサポート。就農早期から安定的な収穫が期待できます。

  • 人手不足の解消

    これまで人が担っていた業務をRPAで代替するだけでなく、IoTやAIを駆使し業務負荷を軽減し人手不足に対応。医療分野では、収集した生理計測データをAIで解析し、病気の早期発見や最適治療を実現し、医師の負担を減らすとともに、健康寿命の延伸と医療コストの削減に繋げます。

Company

会社名 Abit株式会社 (英語表記:Abit Corporation)
所在地 〒140-0002
東京都品川区東品川2-2-4 
天王洲ファーストタワー5階
東京モノレール「天王洲アイル」徒歩2分 
りんかい線「天王洲アイル」徒歩5分
電話番号 03-6864-4006
代表者 代表取締役 藤澤 元晴
役員 取締役 増田 裕一郎
取締役 国本 亮一
監査役 六川 浩明
設立 2019年10月1日
事業内容 ソフトウェアライセンス販売、システム構築、
その他付帯サービスの提供に関するIT事業